アカルボースは心血管イベントを減少させることができますか?

アカルボースは心血管イベントを下げますか?

私的背景

αーグルコシダーゼ阻害薬って放屁で嫌がられるイメージが強く、アウトカムについてきっちり勉強できていないのでちょっと勉強がてら論文をまとめてみます。

論文タイトル:Effects of acarbose on cardiovascular and diabetes outcomes in patients with coronary heart disease and impaired glucose tolerance (ACE): a randomised, double-blind,placebo-controlled trial

Prof Rury R Holman,et.al

Lancet Diabetes Endocrinol 2017 Published Online
September 13, 2017  http://dx.doi.org/10.1016/S2213-8587(17)30309-1

全文リンク

背景

冠状動脈性心疾患および耐糖能障害を有する患者における心血管転帰に及ぼすα-グルコシダーゼ阻害剤アカルボースの効果は不明である。本研究は、アカルボースが、確立された冠状動脈性心疾患および耐糖能障害を有する中国人患者における心血管事象の頻度を減少させることができるかどうか、および2型糖尿病の発生率を減少させることができるかどうかを評価することを目的とした。

方法

アカルボース心血管評価(ACE)試験は、無作為化された二重盲検プラセボ対照第4相試験であり、患者は中国の176の病院外来診療所から募集された。冠状動脈性心疾患および耐糖能障害を有する中国人患者を、部位ごとにランダムに割り当て(1:1)、集中型コンピュータシステムにより経口アカルボース(50mg 1日3回)またはマッチしたプラセボを標準化心血管二次予防療法。

すべての研究スタッフおよび患者は、治療群割り当てにマスクされた。

主要な結果は、心血管死、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中、不安定狭心症の入院、および心不全の入院の5点複合体であった。(意図的にインフォームド・コンセントを提供した治療に無作為に割り当てられたすべての参加者)で分析した。

二次アウトカムは、心血管死、非致死性心筋梗塞、任意の原因による死亡、心血管死、致命的または非致死的心筋梗塞、致命的または非致死的脳卒中、不安定狭心症の入院、心不全の入院、糖尿病の発症、腎機能障害の発症など。

安全集団は、少なくとも1回の投薬投薬を受けたすべての患者を含んでいた。この試験は 致命的または非致死的脳卒中、不安定狭心症の入院、心不全の入院、糖尿病の発症、および腎機能の障害の発症を含むが、これらに限定されない。

安全集団は、少なくとも1回の投薬投薬を受けたすべての患者を含んでいた。この試験は 致命的または非致死的脳卒中、不安定狭心症の入院、心不全の入院、糖尿病の発症、および腎機能の障害の発症を含むが、これらに限定されない。

安全集団は、少なくとも1回の投薬投薬を受けたすべての患者を含んでいた。この試験はClinicalTrials.gov、番号NCT00829660、および国際標準ランダム化対照試験番号レジストリ番号ISRCTN91899513が含まれる

結果

2009年3月20日と2015年10月23日の間に、6522人の患者が無作為に割り当てられ、治療意図の集団に含まれ、3272人がアカルボースに、3250人がプラセボに割り当てられた。

患者は、両方の群で5。0年の中央値(IQR 3・4-6・0)を追跡調査した。

 

主要な5点複合成果は、3272人のアカルボース群の470人(14%; 100人年当り3.33人)および3250人のプラセボ群の479人(100人年当たり15%; 3.41人)ハザード比0・98、95%CI 0.86-1.11、p = 0.73)。

二次アウトカムで治療群間に有意差は見られなかった。三点複合転帰、あらゆる理由による死亡、心血管死、致命的または非致死的心筋梗塞、致死的または非致死的脳卒中、不安定狭心症の入院、心不全の入院、または腎機能障害。

糖尿病はアカルボース群(3272例中436例(13%)、100人年当り3.17人)ではプラセボ群(3250例中513例16%、100人年当り3 84人)に比べて進展のリスク現象がみられた。ハザード比0,82, 95%CI 0.71-0.94、p = 0.005)。

胃腸障害は、薬物中止または用量変化に関連する最も一般的な有害事象であった(アカルボース群の3263人の患者の215人[7%])プラセボ群では3241人の患者の150 [5%] [p = 0・0007]。安全な人口)。

非心血管死亡数(3272の患者の71人 [2%]  3250の患者の56人 [2%]、p = 0・19)と癌による死亡(3272の10 [<1%]  3250の12 [<1%] 、p = 0.08)は群間で差がなかった。

補足やで☆

*Five-point MACE consists of cardiovascular death, non-fatal myocardial infarction, non-fatal stroke, hospital admission for unstable angina, or hospital admission for heart failure.

†Three-point MACE consists of cardiovascular death, non-fatal myocardial infarction, or non-fatal stroke

結論

冠状動脈性心疾患および耐糖能障害の中国人患者において、アカルボースは重大な有害な心血管イベントのリスクを軽減しなかったが、糖尿病の発生率を低下させた。

感想など

ざっくりと要約した感じだと、アカルボースを使う理由はないとは言い切れないんだなと言う印象です。

糖尿病発症リスクを提言するかもしれないというアウトカムは重要かなぁと思えるので。

一方でやはりと言いますか、心血管イベントリスクを下げることはないようだという結果に。放屁などの胃腸障害副作用によるストレスなんかは交絡的に作用するのかな?放屁するときのいきみは関係するのかな?

素朴な疑問を抱きつつ、結果をひとまずフムフムと噛みしめました。

けいしゅけ

今回の記事はいかがでしたか? アナタのお役に立てていれば幸いです!

もし良ければコメント欄から記事を読んだ感想や、ご意見、ご質問など寄せて下さい☆

待ってます!!

コメントを残す