Twitterが継続的な医学教育(CME)の学習ツールになるってホンマ!?PMID:32338736

 

Thamman R, Gulati M, Narang A, Utengen A, Mamas MA, Bhatt DL.

Twitter-based learning for continuing medical education?
[published online ahead of print, 2020 Apr 27].

Eur Heart J. 2020;ehaa346. doi:10.1093/eurheartj/ehaa346

先日のzoom飲み会でリンコ先生からご紹介いただいた論文。興味深いので内容を備忘録として残しておこうと思います。

論文→Shaperで原文を整える→DeePLに翻訳させる
この作業だけをして、翻訳を載せています。

序文

ソーシャルメディアは、継続的医学教育(CME)を変革する可能性を秘めた強力なツールである。医学教育におけるオンライン学習は、医学部から開業医に至るまで確立されていますが、従来の教育方法に比べてどのような利点があるのかは不明な点が多いのが現状です。1-3

 ソーシャルメディア、特にツイッターは新しい教育媒体として台頭してきており、最近ではツイッターの教育内容を正式なCMEに変換することが議論されている。4-5 COVID-19のパンデミックは、広範でグローバルな社会的距離をもたらした。そのため、ツイッターのようなソーシャルメディア・プラットフォームを通じて配信される教育コンテンツを、主流の遠隔学習ツールに組み込む議論が加速している。6,7

Why Twitter for CME?

なぜCME(継続的な医学教育)のためにTwitterなのか?

最近の調査によると、開業医のほぼ半数がTwitterを利用しており、若い医師の参加が増加していることが明らかになった8。 2019年初頭には、米国のTwitterで合計1111人の循環器内科医が確認されており、ハッシュタグ「#CardioTwitter」を頻繁に使用しており、その中には幅広い影響力を持つ医師もいます9。 医学生や開業医は、医学教育のための可能性のあるツールとしてソーシャルメディアを認識しているが、医学的知識を得るためにソーシャルメディアをどのように利用するのが最善かについての認識が不足している10。 CMEコースの参加者を対象とした最近の調査では、回答者の大多数がソーシャルメディアを使用してい るが(89%)、CMEのために使用したのはわずか6%であることがわかった。

Asynchronous learning

非同期学習

 ソーシャルメディアによる学習は非同期であり、いつでもどこでも自分のペースで教育コンテンツに参加することができる。ソーシャルメディアを介して教育コンテンツと対話し、構築する能力は、対面での講義や教科書のような伝統的な学習形態と比較して、より「民主的」で、世界中の聴衆がアクセスできることを可能にしている。この新しい方法での学習は、従来の学習に関連した情報の受動的な吸収とは異なる。多くの循環器内科医がツイッターにアクセスするモバイルデバイスは、学習を移動可能で、リアルタイムで、共同作業的なものにしました。

図1は、従来の教育では、Twitterを通じた個人学習よりも価値が低く、自律性が低いオンライン学習の多面性を示しています12

※図1は原著を参照してください

Democratic engagement

民主主義的な関与

教育プラットフォームとしてのTwitterのユニークな側面は、誰もが声を持っているという考えです。学生から上級医師まで、誰もが質問をしたり答えたり、アイデアや経験を共有したり、会話の一部になったりすることができます。Twitterでの対話はスティグマが少ないこともあり、対面での対話よりも活性化エネルギーは低いと思われます。
 最新の教育に関しては、多くの循環器内科の専門家は、ガイドラインや最新の研究につい て最新の情報を得たり、話題のトピック(中には議論の余地のあるものもある)を把握したりするため にソーシャルメディアを利用しています13。ハッシュタグの使用や学会の公式なソーシャルメディアの取り組みにより、医学会議にバーチャルで出席することがますます容易になってきている。これは、時間やリソースが限られている人にアピールしています。

Alignment

アラインメント/位置合わせ/調整

CMEは州レベルで義務づけられており、多くの場合、資格を維持するために個々の病院からも義務づけられている。米国医師会(AMA)が1964年にAMA評議員会が「A Nationwide Plan for Continuing Medical Education」を発表した際にCMEについて見解を述べて以来、利用可能なリソースの面で多くの変化がありました14。医師認定賞(PRA)カテゴリー1の単位の要件には、以下のような革新的なTwitter学習活動が含まれている。

Types of learning on Twitter, an educational resource

教材であるツイッターでの学習の種類

Twitter Journal Clubs

ツイッタージャーナルクラブ

科学文献の集団鑑定(ジャーナルクラブ)はヒポクラテスの時代から存在していましたが、ジャーナルクラブを実施するためのソーシャルメディアプラットフォームであるTwitterの成長により、異なる専門知識を持つ世界中の個人が、医学論文の臨床的・科学的なメリットをリアルタイムで議論することが可能になりました。

2015年から2019年までの5年間で、Twitterのジャーナルクラブから発信されたツイートの総数は118.93%の伸びを示しています(図2)。

私たちの知る限りでは、#ASEchoJCは、CMEを提供するTwitter上の最初のモデレートされた心臓病ジャーナルクラブです15。この形式では、テレビ会議やライブウェビナーのように遠隔地から参加することができます。ツイッタージャーナルクラブは、地域で開催される従来のジャーナルクラブよりも数倍も多くの世界中の聴衆にリーチすることができます16-18

このことから、多くの医学雑誌が独自のTwitterジャーナルクラブを実施するようになり、CMEのクレジットが付与されるようになりました。さらに、Twitterをベースとした他のプログラムの進化は、様々なトピックについての継続的なオンライン討論を含むものであり、このようにして、この分野の専門家が自分の意見を共有したり、ジャーナルクラブの形式的な終わりを越えて会話に参加したりすることができるようになっている。出版社が後援するツイッター・ジャーナルクラブは、すべてのツイッター・ジャーナルクラブの累積的な成功の産物であり、それに貢献しています19,20

※図2は原著を参照してください

Twitter for conferences and webinars

会議やウェビナーのためのTwitter

COVID-19パンデミックの影響で、多くの会議や科学セッションがキャンセルされています。最近では、American College of Cardiology (ACC)/World Cardiology Congress Scientific Sessionsでは、対面でのセッションはキャンセルされましたが、キュレーションされたコンテンツを使用したバーチャルなミーティングが行われました(#ACC20/#WCCardio)。
COVID-19に関するデータと経験のタイムリーな普及が最も重要である。その結果、複数の学会がこのトピックに特化したウェビナーを開催し、迅速な研究やレビューを発表している。また、COVID-19の最前線で働く医療従事者にスポットを当てた一般的なメディア向けの社説も増えている。ウェビナー、伝統的に公開されている資料、人気のある報道記事については、ツイッターがこれらのリソースを広く共有する上で重要な役割を果たしている。それぞれの例としては、COVID-19に関するACC/中国心臓病学合同ウェビナー、NEJM COVID-19コレクション、New York Times COVID-19ニュースリポジトリなどがある。

Twitter’s utility in COVID-19: advantages of Twitter CME

COVID-19におけるTwitterの効用:Twitter CMEのメリット

Geography

COVID-19パンデミックの時代には、社会的孤立化が進み、医師には厳しい渡航制限が課せられています。Twitterは世界中からピアディスカッションへの参加を拡大し、旅行なしで共同学習を強化しています。

Cost

TwitterでのCMEは、従来の教育会議の何分の一かのコストで済む。さらに、COVID-19のパンデミックでは、対面での会議は中断されています。アクセスしやすく、より安全な教育オプションがこれまで以上に必要とされています。Accreditation Council for Continuing Medical Education(ACCME)は2018年のCME費用を28億米ドルと報告しており、これは2017年から6%増加しており、COVID-19の世界経済への影響が予想された後では法外な金額になる可能性があります21

Innovation

2017年以降、ACCMEは「その他」の学習活動タイプを認めており、その中には、学習の新しいアプローチとしてソーシャルメディアを受け入れていることを強調するものも含まれている22。この新しいデータポイントは、米国医師会(AMA)とACCMEが連携した結果であり、認定プロバイダーが認定されたCMEに対して革新的なアプローチを採用する自由と柔軟性を与える一方で、活動が教育基準を満たし、商業的な影響を受けないことを継続的に確保することを目的としています23

Speed

ツイッターはインスタントです。この瞬間、COVID-19のパンデミックにより、知識の迅速な共有とグローバルなコミュニティとの試験が行われています。学術的な追求やインパクトファクターに関係なく、人類のために個人の進歩を犠牲にしてでも、迅速に知識を普及させるソーシャルメディアの重要な役割は不可欠です。COVID-19パンデミックでは、第一線の臨床医が患者に最良の医療を提供するためには、エビデンスの根拠が確立されていない臨床の場で科学や臨床研究を迅速に利用できるようにしなければなりません。専門家が発表したデータをアクセス可能な形式で要約することは、このパンデミックにおいて非常に貴重であり、私たちの専門学会でも採用されています。ウェビナーやツイッターの活用は、原稿の内容を増幅させ、新たに得られた知識をリアルタイムの患者ケアに取り入れることを可能にしています。

Conclusions

Twitterは、ヘルスケアコミュニティにCMEを配信するための革新的なプラットフォームであり、紐付けされていない共同学習プラットフォームの利点と実用性を活用しています。Twitterは、特にCOVID-19パンデミックの間、循環器内科医を教育する方法を増やすためのアクセス可能な手段を提供しています。COVID-19の臨床像を理解し、医療提供を組織化し、治療戦略を導くために、医療従事者はソーシャルメディアを利用して、自分たちの学習の軌跡をはるかに遠く離れた世界の地域からの経験を共有し、COVID-19の症例に触れる機会を増やしている24
エビデンスの根拠が日々高まり、治療プロトコルが継続的に改善されているこのようなパンデミックの進化の中で、継続的な教育の機会を求める際に、医療従事者が直面する多くの課題を考えると、医療従事者が患者の転帰を改善するために質の高いケアを提供できるように、リアルタイムで専門家の継続的な開発を促進するこのような非伝統的な方法が必要とされています。最終的には、ソーシャルメディアを通じて配信された教育コンテンツが実際の臨床結果に与える影響を測定し、客観的に証明する必要がある25

Disclosures

Dr. Deepak L. Bhatt discloses the following relationships – Advisory Board: Cardax, Cereno Scientific, Elsevier Practice Update Cardiology, Level Ex, Medscape Cardiology, PhaseBio, PLx Pharma, Regado Biosciences; Board of Directors: Boston VA Research Institute, Society of Cardiovascular Patient Care, TobeSoft; Chair: American Heart Association Quality Oversight Committee; Data Monitoring Committees: Baim Institute for Clinical Research (formerly Harvard Clinical Research Institute, for the PORTICO trial, funded by St. Jude Medical, now Abbott), Cleveland Clinic (including for the ExCEED trial, funded by Edwards), Duke Clinical Research Institute, Mayo Clinic, Mount Sinai School of Medicine (for the ENVISAGE trial, funded by Daiichi Sankyo), Population Health Research Institute; Honoraria: American College of Cardiology (Senior Associate Editor, Clinical Trials and News, ACC.org; Vice-Chair, ACC Accreditation Committee), Baim Institute for Clinical Research (formerly Harvard Clinical Research Institute; RE-DUAL PCI clinical trial steering committee funded by Boehringer Ingelheim; AEGIS-II executive committee funded by CSL Behring), Belvoir Publications (Editor in Chief, Harvard Heart Letter), Duke Clinical Research Institute (clinical trial steering committees, including for the PRONOUNCE trial, funded by Ferring Pharmaceuticals), HMP Global (Editor in Chief, Journal of Invasive Cardiology), Journal of the American College of Cardiology (Guest Editor; Associate Editor), Medtelligence/ReachMD (CME steering committees), Level Ex, MJH Life Sciences, Population Health Research Institute (for the COMPASS operations committee, publications committee, steering committee, and USA national co-leader, funded by Bayer), Slack Publications (Chief Medical Editor, Cardiology Today’s Intervention), Society of Cardiovascular Patient Care (Secretary/ Treasurer), WebMD (CME steering committees); Other: Clinical Cardiology (Deputy Editor), NCDR-ACTION Registry Steering Committee (Chair), VA CART Research and Publications Committee (Chair); Research Funding: Abbott, Afimmune, Amarin, Amgen, AstraZeneca, Bayer, Boehringer Ingelheim, Bristol-Myers Squibb, Cardax, Chiesi, CSL Behring, Eisai, Ethicon, Ferring Pharmaceuticals, Forest Laboratories, Fractyl, Idorsia, Ironwood, Ischemix, Lexicon, Lilly, Medtronic, Pfizer, PhaseBio, PLx Pharma, Regeneron, Roche, Sanofi Aventis, Synaptic, The Medicines Company; Royalties: Elsevier (Editor, Cardiovascular Intervention: A Companion to Braunwald’s Heart Disease); Site Co-Investigator: Biotronik, Boston Scientific, CSI, St. Jude Medical (now Abbott), Svelte; Trustee: American College of Cardiology; Unfunded Research: FlowCo, Merck, Novo Nordisk, Takeda.

References

  1. Cook D.A, Garside S, Levinson AJ, Dupras DM, Montori VM. What do we mean by web-based learning? A systematic review of the variability of interventions. Med Educ 2010;44:765–774.
  2. Cook DA, Dupras DM, Thompson WG, Pankratz VS. Web-based learning in residents’ continuity clinics: a randomized, controlled trial. Acad Med 2005;80:90–97.
  3. Cook DA, Levinson AJ, Garside S, Dupras DM, Erwin PJ, Montori VM. Internet-based learning in the health professions: a meta-analysis. JAMA 2008;300:1181–1196.
  4. Sullivan T. Continuing medical education embracing social media? Policy and Medicine website. http://www.policymed.com/2010/09/continuing-medical-education-embracing-social-media.html Published September 24, 2010. (6 March 2020).
  5. Sandars J, Schroter S. Web 2.0 technologies for undergraduate and postgraduate medical education: an online survey. Postgrad Med J 2007;83:759–762.
  6. Merchant RM, Lurie N. Social media and emergency preparedness in response to novel coronavirus. JAMA 2020;doi:10.1001/jama.2020.4469.
  7. Wang X, Bhatt DL. Medical revolution? J Invasive Cardiol 2020;32:e81–e82.
  8. Chretien KC, Azar J, Kind T. Physicians on Twitter. JAMA 2011;305:566–568.
  9. Douglas A, Suero-Abreu G, Barajas-Ochoa A. Cardiology in 280 characters: cardiologists use of Twitter in the United States. J Am Coll Cardiol 2019;73:3034.
  10. Sandars J, Haythornthwaite C. New horizons in medical education: ecological and Web 2.0 perspectives. Med Teach 2007;29:307–310.
  11. Wang, AT, Sandhu NP, Wittich CM, Mandrekar JN, Beckman TJ. Using social media to improve continuing medical education: a survey of course participants. Mayo Clinic Proc 2012;87:1162–1170.
  12. Hart J. Learning in the Modern Workplace. 2017 (e book no longer available) https://modernworkplacelearning.com/books-overview/.
  13. Ghahramani M, Foy A, Mandrola J, Ruzieh M, Smith A, Peterson B. Increased use of social media for education among young professionals in cardiology: results of a Survey of Cardiologists and Cardiology Fellows in the American College of Cardiology. J Am Coll Cardiol 2019;73:3026.
  14. Dryer BV. A nationwide plan for continuing medical education: pros and cons. JAMA 1964;189:35–39.
  15. Thamman R, Desai T, Weiner D, Swaminathan M. #ASEchoJC Twitter Journal Club To CME: a paradigm shift in cardiology education. J Am Soc Echocardiogr 2020;33:A29–A35.
  16. Chan TM, Thoma B, Radecki R, Topf J, Woo HH, Kao LS, Cochran A, Hiremath S, Lin M. Ten steps for setting up an online journal club. J Contin Educ Health Prof 2015;35:148–154.
  17. Roberts M J, Perera M, Lawrentschuk N, Romanic D, Papa N, Bolton D. Globalization of continuing professional development by journal clubs via microblogging: a systematic review. J Med Internet Res 2015;17:e103.
  18. Djuricich AM. Social media, evidence-based tweeting, and JCEHP. J Contin Educ Health Prof 2014;34:202–204.
  19. Mehta N, Flickinger T. The times they are a-changin’: academia, social media and the JGIM Twitter Journal Club. J Gen Intern Med 2014;29:1317–1318.
  20. Widmer RJ, Engler NB, Geske JB, Klarich KW, Timimi FK. An academic healthcare Twitter account: the Mayo Clinic experience. Cyberpsychol Behav Soc Netw 2016;19:360- 366.
  21. https://www.accme.org/sites/default/files/2019–07/818_20190716_2018_Data_Report.pdf          
  22. Narang A, Velagapudi P, Rajagopalan B, LeBude B, Kithcart AP, Snipelisky D,Sinha SSA. New educational framework to improve lifelong learning for cardiologists. J Am Coll Cardiol 2018;71:454–462.
  23. Lin M, Sherbino J. Creating a virtual journal club: a community of practice using multiple social media strategies. J Grad Med Educ 2015;7:481–482.
  24. Merchant RM, Asch DA, Crutchley P, Ungar LH, Guntuku SC, Eichstaedt JC, Hill S, Padrez K, Smith RJ, Swartz HA. Evaluating the predictability of medical conditions from social media posts. PLoS One 2019;14:e0215476.
  25. Larkin A, LaCouture M, Geissel K, Barr P, Bates ER, Cannon CP, Bhatt DL. Quality improvement in management of acute coronary syndrome: continuing medical education and peer coaching improve antiplatelet medication adherence and reduce hospital readmissions. Crit Pathw Cardiol 2017;16:96–101.

感想

今回のコンテンツ作りはDeePLがどれだけの精度で翻訳するか?を検証してみたいという気持ちもあり全文を翻訳してみました。特に翻訳された文章を修正していませんので、ニュアンスが変な部分もあるかもしれませんが個人的には十分だと思われました。

さて、論文の内容についてですが、ポストCOVID-19時代における継続的な医学教育(というか、これは他の分野における教育にも言える気がするけれど)において、TwitterというSNSがこれまで以上に有効活用されて行くのだろうなぁと思わされるものでした。

というか、僕自身がTwitterでこの原著を遠くに住む仲間から教わり、DeePL翻訳で読み、ブログ記事としてアップするこの流れが教育におけるイノベーションが起こっているということを示している1例なのかもしれない?なぁんて思ったりして。少なくとも、10年前には英語論文をこの精度でもってWeb翻訳することは出来なかったので学習ハードルは高かったですからね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください