新しい血糖降下薬は2型糖尿病の心血管および有害事象のリスク低下に関連するかもしれない PMID 32303419

Elharram M, Moura CS, Abrahamowicz M, et al.

Novel glucose lowering agents are associated with a lower risk of cardiovascular and adverse events in type 2 diabetes: A population based analysis [published online ahead of print, 2020 Apr 15].

Int J Cardiol. 2020;S0167-5273(19)35121-6. doi:10.1016/j.ijcard.2020.03.025

PubMed検索で”type 2 diabetes”をキーワードに検索した結果、上記の論文がヒットしたのでアブストラクトのみ確認しました。

概要

背景

 最近の無作為化対照試験では、心血管リスクの高い患者における新規血糖降下薬の心血管保護効果が報告されています。これらのセカンドラインエージェントが一般集団で同様の効果をもたらすかどうかは不明です。我々は、メトホルミン療法でコントロール不良のT2DM患者に投与されているスルホニル尿素と、ナトリウム-グルコース共輸送体-2阻害剤(SGLT-2i)、ジペプチジルペプチダーゼ4阻害剤(DPP-4i)、グルカゴン様ペプチド1アゴニスト(GLP-1a)の新規ユーザーにおける主要な心血管および有害事象のリスクを比較することを目的としました。

方法

2011-2015におけるMarketScanデータベースを使用した後ろ向きコホート研究。
メトホルミンに追加されたセカンドライン治療として、新たに投与されたスルホニル尿素、SGLT-2i、DPP-4i、またはGLP-1aであるT2DM個人を選択しました。 コホートエントリは、セカンドラインエージェントの最初の処方日によって定義されました。最初の致命的ではない心血管または有害事象までの時間を、交絡因子に対して調整されたCox回帰モデルを使用して比較しました。

結果

メトホルミンを使用している118,341人のT2DM患者(平均年齢:56歳)のうち、ほとんどが心血管リスクが低かった(以前の心血管または脳血管イベントでは4%)。スルホニル尿素剤ユーザーと比較した中央値10ヶ月の追跡期間中、SGLT-2i(aHR = 0.61; 95%CI:0.40-0.97)、DPP-4i(aHR = 0.79; 95%CI: 0.69-0.90)およびGLP-1a(aHR = 0.65; 95%CI:0.48-0.89)。重篤な有害事象はまれでしたが、スルホニル尿素と比較して、新規グルコース低下薬の新規ユーザーにおけるリスクは低かったです。

結論

以前の心血管疾患のある患者とない患者を含む私たちの分析では、T2DMのセカンドライン治療として新規の血糖降下薬を開始することは、スルホニル尿素の開始よりも心血管および有害事象のリスクが低かった。

感想

平均年齢56歳の118,341人のT2DM患者という情報が得られました。

併用薬が何であるか本文を参照できないので何とも言えませんが、少なくとも若年 T2DM 患者でメトホルミンからの 2nd ライン治療に SU 剤 を選択するよりも新規血糖低下薬(DPP-4 i , SGLT-2 i , GLP-1a )が心血管イベントリスクが少ない可能性が示唆されたのは興味深いと思われます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください