COVID-19患者に対するヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンによる早期治療 PMID:32387409

論文タイトル

Million M, Lagier JC, Gautret P, et al.

Full-length title: Early treatment of COVID-19 patients with hydroxychloroquine and azithromycin: A retrospective analysis of 1061 cases in Marseille, France

[published online ahead of print, 2020 May 5]. 

Travel Med Infect Dis. 2020;101738. doi:10.1016/j.tmaid.2020.101738

注意

論文→Shaperで原文を整える→DeepLに翻訳させる
この作業だけをして、翻訳を載せています。そのため、ニュアンスがおかしい翻訳になることがあります(体感的にはDeepL翻訳の精度は高いのでチンプンカンプンな文章になることは少ないと思っています)。

アブストラクト(抄録)

背景

フランスでは、COVID-19の治療には、ヒドロキシクロロキン(HCQ)とアジスロマイシン(AZ)の併用療法が行われている。

方法

我々は、SARS-CoV-2陽性と診断された1061人の患者を対象に、HCQ(200mgを1日3回、10日間)+AZ(初日に500mg、その後4日間は1日250mg)を少なくとも3日間投与したことをレトロスペクティブに報告した。アウトカムは、死亡、臨床症状の悪化(ICUへの転院、10日以上の入院)、およびウイルス脱落の持続(10日以上)であった。

結果

この解析には合計1061人の患者が含まれた(男性46.4%、平均年齢43.6歳-範囲14~95歳)。良好な臨床転帰とウイルス学的治癒は973例で10日以内に得られた(91.7%)。ウイルス感染の長期化は47例(4.4%)に認められ、診断時のウイルス負荷の高さと関連していた(p < 0.001)が、10日目にはウイルス培養は陰性であった。1人を除くすべての患者で15日目にPCRクリアーが認められた。46例(4.3%)に不良な臨床転帰(PClinO)が認められ、8例(0.75%)が死亡した(74~95歳)。すべての死亡は呼吸不全によるものであり、心毒性によるものではなかった。5人の患者は現在も入院中である(これまでに治癒した患者の98.7%)。PClinOは、高齢(OR 1.11)、入院時の重症度(OR 10.05)、およびHCQ血清濃度の低さと関連していた。PClinOは、選択的β遮断薬およびアンジオテンシンII受容体拮抗薬の使用と独立して関連していた(p<0.05)。合計2.3%の患者が軽度の有害事象(胃腸症状または皮膚症状、頭痛、不眠症、一過性の視界のぼやけ)を報告した。

結論

COVID-19の合併症が発生する前にHCQ+AZ併用薬を投与することは安全であり、患者の致死率が非常に低いことと関連している。

本文(フリー論文の場合)

ディスカッション

COVID-19に対するHCQとAZの併用療法の有効性は、医療界で非常に物議を醸しており、多くの流出したソーシャルメディアの報告や政治家の演説につながっている。この薬剤の組み合わせで治療されたCOVID-19患者の転帰に関する知識を補強するためのエビデンスが必要とされている。RCTではなく、新興のパンデミックという文脈で患者を治療している医師の実際の経験に関連した我々の分析では、診断時からHCQ+AZの併用治療を受けたCOVID-19患者1061人の転帰を報告している。COVID-19の重症度は、軽度の症状から重度の呼吸窮迫までの範囲である [1]。我々は、少なくとも3日間の治療と8日間の追跡調査を受けた患者を評価した。我々の研究では、患者の大多数は入院時に比較的軽症であった(95%)。このような状況下で、治療は、集中治療室に転院した患者は10例(0.9%)のみであり、病状の悪化を示す患者の割合は低く、死亡した患者は8例(0.75%)のみであり、死亡の割合は低かった(症例致死率は2020年4月18日更新)。また、持続的なウイルス脱落の頻度も低かった。私たちの経験では、有害事象の割合は低く(2.4%)、そのすべてが治療中止3回(0.3%)で軽度であり、治療の忍容性は良好であった[25]。

ウイルスの脱落の持続性については、治療を受けた患者では10日目で4.4%であり、中国の研究と比較して非常に低く、最大の研究では平均20日、極端には38日までウイルスが脱落することが示されています[1]。これは疾患の伝染性という点で重要な結果をもたらす可能性があります。我々は、ウイルス脱落持続患者におけるウイルスのゲノムに特異性を見いだすことはできませんでした。

不良な臨床転帰(PClinO)群では、血中に薬物を含まない2例を含む32.4%の症例でHCQ血中濃度が治療目標値を下回っていたことに驚いた。これらの患者の中には、治療摂取量が管理されていなかったために、処方された治療を遵守していなかった患者がいたことは否定できない。したがって,治療を受けた患者では,薬物の投与量を適宜変更できるように,HCQ血中濃度の厳密な管理を行うことを推奨する。

すでに他の人が述べているように[1,26]、PClinOを有するCOVID-19患者は高齢者である可能性が有意に高いことを確認した。さらに,COVID-19患者の治療が遅れ,すでに肺炎の臨床的・放射線学的徴候を示している場合には,予後は不良であったが,PClinOに関連するウイルスのゲノムは他の患者と明らかに異なっていなかった(図2).多変量解析の結果、選択的β遮断薬とアンジオテンシンII受容体遮断薬は、臨床的およびウイルス学的転帰の不良と関連する独立因子であった(p<0.05)。

我々の研究にはいくつかの限界がある。サービスが集中していたため、一部の患者についてはデータが不完全であった。CTスキャンと血清薬物濃度は、特に時間外に入院した患者では、すべての患者で利用できなかった。

結論として、我々の経験に基づいて、アジア諸国、特に韓国と中国では、できるだけ多くの患者を早期に検査し、利用可能な薬剤で治療することで構成されており、この戦略は封じ込めの外で積極的な政策が実施されていない国よりもはるかに良い結果をもたらしている。中国では、推奨された薬剤は主にHCQであったが、α-インターフェロン、ロピナビル、リトナビル、ユミフェノビル[27]であり、韓国ではロピナビル/リトナビル、クロロキン[28]が推奨された。致死性呼吸器ウイルスのパンデミックという文脈では、陽性例の早期発見と安全で忍容性の高い薬剤による慎重に管理された治療が、外来診療、すなわち重症化の兆候が現れる前の軽度の症状を持つ患者に一般化されるべきであると考えている。禁忌薬や併用薬との相互作用の可能性には細心の注意が払われるべきである。最後に、既存の薬剤を再利用し、パンデミックの制約の中で可能であれば対照試験で評価する必要がある。

著者注:この分析が完了してから、2020年4月29日の時点で、PClinOグループの2人の患者がさらに死亡しており、その結果、これら1061人の患者の全体的な症例死亡率(CFR)は0.9%となっています。


References

  1. Zhou F, Yu T, Du R, Fan G, Liu Y, Liu Z, et al. Clinical course and risk factors formortality of adult inpatients with COVID-19 in Wuhan, China: a retrospective cohortstudy. Lancet 2020;395:1054-1062.
  2. Yao X, Ye F, Zhang M, Cui C, Huang B, Niu P, et al. In vitro antiviral activity and projection of optimized dosing design of hydroxychloroquine for the treatment of severeacute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2). Clin Infect Dis 2020;5801998:pii:ciaa237.
  3. Liu J, Cao R, Xu M, Wang X, Zhang H, Hu H, et al. Hydroxychloroquine, a less toxic derivative of chloroquine, is effective in inhibiting SARS-CoV-2 infection in vitro. Cell Discov 2020;6:16.
  4. Weston S, Coleman CM, Haupt R, Logue J, Matthews K, Frieman M. Broad anticoronaviral activity of FDA approved drugs against 1 SARS-CoV-2 in vitro and SARSCoV in vivo. bioRxiv 2020;doi: https://doi.org/10.1101/2020.03.25.008482
  5. Touret F, Gilles R, Barral K, Nougairede A, Decroly E, De Lamballerie X, et al. In vitro screening of a FDA approved chemical library reveals potential inhibitors of SARSCoV-2 replication. bioRxiv 2020;doi: https://doi.org/10.1101/2020.04.03.023846.
  6. Andreani J, Le BM, Duflot I, Jardot P, Rolland C, Boxberger M, et al. In vitro testing of combined hydroxychloroquine and azithromycin on SARS-CoV-2 shows synergistic effect. Microb Pathog 2020;104228.
  7. Chen Z, Hu J, Zhang Z, Jiang S, Han S, Yan D, et al. Efficacy of hydroxychloroquine in patients with COVID-19: results of a randomized clinical trial. medRxiv 2020;doi: https://doi.org/10.1101/2020.03.22.20040758
  8. Tang W, Cao Z, Han M, Wang Z, Chen J, Sun W, et al. Hydroxychloroquine in patients with COVID-19: an open-label, randomized, controlled trial. medRxiv 2020; doi: https://doi.org/10.1101/2020.04.10.20060558
  9. Ashraf MA, Shokouhi N, Shirali E, Davari-Tanha F, Memar O, Kamalipour A, et al. COVID-19 in Iran, a comprehensive investigation from exposure to treatment outcomes. medRxiv 2020;doi: https://doi.org/10.1101/2020.04.20.20072421
  10. Chen J, Liu D, Liu L, Liu P, Xu Q, Xia L, et al. A pilot study of hydroxychloroquine in treatment of patients with common coronavirus disease-19 (COVID-19). J Zhejiang Unniv (Med Sci) 2020;49:0.
  11. Mahevas M, Tran VT, Roumier M, Chabrol A, Paule R, Guillaud C, et al. No evidence of clinical efficacy of hydroxychloroquine in patients hospitalised for COVID-19 infection and requiring oxygen: results of a study using routinely collected data to emulate a target trial. medRxiv 2020;doi: https://doi.org/10.1101/2020.04.10.20060699
  12. Magagnoli J, Narendran S, Pereira F, Cummings F, Hardin JW, Scott Sutton S, et al. Outcomes of hydroxychloroquine usage in United States veterans hospitalized with Covid-19. medRxiv 2020;doi: https://doi.org/10.1101/2020.04.16.20065920
  13. Gautret P, Lagier JC, Parola P, Hoang VT, Meddeb L, Mailhe M, et al. Hydroxychloroquine and azithromycin as a treatment of COVID-19: results of an openlabel non-randomized clinical trial. Int J Antimicrob Agents 2020;105949. doi: 10.1016/j.ijantimicag.2020.105949. [Epub ahead of print]
  14. Gautret P, Lagier JC, Parola P, Hoang VT, Meddeb L, Sevestre J, et al. Clinical and microbiological effect of a combination of hydroxychloroquine and azithromycin in 80 COVID-19 patients with at least a six-day follow up: an observational study. Travel Med Infect Dis. 2020 Apr 11:101663. doi: 10.1016/j.tmaid.2020.101663. [Epub ahead of print]
  15. Retallack H, Di LE, Arias C, Knopp KA, Laurie MT, Sandoval-Espinosa C, et al. Zika virus cell tropism in the developing human brain and inhibition by azithromycin. Proc Natl Acad Sci U S A 2016;113:14408-14413.
  16. Madrid PB, Panchal RG, Warren TK, Shurtleff AC, Endsley AN, Green CE, et al. Evaluation of Ebola Virus Inhibitors for Drug Repurposing. ACS Infect Dis 2015;1:317-326.
  17. Bosseboeuf E, Aubry M, Nhan T, dde Pin JJ, Rolain JM, Raoult D, et al. Azithromycin inhibits the replication of Zika virus. J Antivir Antiretrovir 2018;10:6-11.
  18. Sermo. Sermo COVID-19 Real Time Barometer. 2020. https://app.sermo.com/covid19- barometer?utm_campaign=wwwsermo_covid19. Last accessed: 17/04/2020.
  19. Amrane S, Tissot-Dupont H, Doudier B, Eldin C, Hocquart M, Mailhe M, et al. Rapid viral diagnosis and ambulatory management of suspected COVID-19 cases presenting at the infectious diseases referral hospital in Marseille, France, – January 31st to March 1st, 2020: A respiratory virus snapshot. Travel Med Infect Dis 2020 Mar 20:101632. doi: 10.1016/j.tmaid.2020.101632. [Epub ahead of print]
  20. Liao X, Wang B, Kang Y. Novel coronavirus infection during the 2019-2020 epidemic: preparing intensive care units-the experience in Sichuan Province, China. Intensive Care Med 2020;46:357-360.
  21. Armstrong N, Richez M, Raoult D, Chabriere E. Simultaneous UHPLC-UV analysis of hydroxychloroquine, minocycline and doxycycline from serum samples for the therapeutic drug monitoring of Q fever and Whipple’s disease. J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci 2017;1060:166-172.
  22. Lagier JC, Fenollar F, Lepidi H, Giorgi R, Million M, Raoult D. Treatment of classic Whipple’s disease: from in vitro results to clinical outcome. J Antimicrob Chemother 2014;69:219-227.
  23. La Scola B, Le Bideau M, Andreani J, Hoang VT, Grimaldier C, Colson P, et al. Viral RNA load as determined by cell culture as a management tool for discharge of SARSCoV2 patients from infectious disease wards. Eur J Clin Microbiol Infect Dis 2020; https://doi.org/10.1007/s10096-020-03913-9
  24. Hadfield J, Megill C, Bell SM, Huddleston J, Potter B, Callender C, et al. Nextstrain: real-time tracking of pathogen evolution. Bioinformatics 2018;34:4121-4123.
  25. Lane JCE, Weaver J, Kostka K, Duarte-Salles T, Abrahao MT, Alghoul H, et al. Safety of hydroxychloroquine, alone and in combination with azithromycin, in light of rapid wide-spread use for COVID-19: a multinational, network cohort and self-controlled case series study. medRxiv 2020; doi: https://doi.org/10.1101/2020.04.08.20054551
  26. Wu Z, McGoogan JM. Characteristics of and Important Lessons From the Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Outbreak in China: Summary of a Report of 72314 Cases From the Chinese Center for Disease Control and Prevention. JAMA 2020 Feb 24. doi:10.1001/jama.2020.2648. [Epub ahead of print]
  27. Dong L, Hu S, Gao J. Discovering drugs to treat coronavirus disease 2019 (COVID-19).Drug Discov Ther 2020;14:58-60.
  28. Sung-sun K. Physicians work out treatment guidelines for coronavirus. Korea Biomedical Review 2020.http://m.koreabiomed.com/news/articleView.html?idxno=7428

感想

PECO

P:SARS-CoV-2陽性と診断された1061人の患者

E:HCQ(200mgを1日3回、10日間)+AZ(初日に500mg、その後4日間は1日250mg)を少なくとも3日間投与する

C:HCQ(200mgを1日3回、10日間)+AZ(初日に500mg、その後4日間は1日250mg)を少なくとも3日間投与しない

O:死亡、臨床症状の悪化(ICUへの転院、10日以上の入院)、およびウイルス脱落の持続(10日以上)はどうなるか?

ざっくりと論文のPECOをまとめると以上のようになるわけですが、結果としては1061人の患者(男性46.4%、平均年齢43.6歳-範囲14~95歳)で良好な臨床転帰とウイルス学的治癒は973例で10日以内に得られた(91.7%)となっています。

結果はあくまで仮説生成に過ぎないし、平均年齢が43.6歳と若いため、HCQ(200mgを1日3回、10日間)+AZ(初日に500mg、その後4日間は1日250mg)が有効だとは言いきれないですね(個人的に有効性はこの論文では何もわからないと思っています)。

ただし、心毒性による死亡者が出ていないとの記述については「ほほぉう。治療が害となる可能性は低そうやねんね(効果もなさそうやけども)」と感じました。(※この論文におけるサンプル数が少ないので、心毒性がないわけではないんじゃないかな?とも感じています)

選択的β遮断薬およびアンジオテンシンII受容体拮抗薬の使用じゃないか?という本論文で提起されている疑問については、先日投稿した他の論文の結果から、関係なさそうっぽさがうかがえます。

うん…。ひとまずこの試験で使った薬物療法やATⅡ受容体拮抗薬など降圧剤の使用はCOVID-19を治せず、害にもならずってところなのかなぁ。そんな風に思いました。

最後にオススメ書籍の紹介

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください